読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兵庫県加古川市の播州瓦工業株式会社 岡 公司 Kawara王子のblog

あなたに伝えたい瓦ない想い。兵庫県加古川市の屋根工事店 播州瓦工業株式会社のKawara王子こと岡 公司です。瓦の価値を伝えるためにブログ、Facebbok、Twitter、Instagramで発信してます。

屋根を葺き替える時にこそ屋根材のことを考えて欲しい

こんにちは、Kawara王子です。

 

あなたは屋根を葺き替えたことがありますか?

家の屋根を新しくすることを屋根を葺き替えると言いますが、この屋根を葺き替えるということは誰もが経験することではない特別なことですよね。だからこそもしあなたが屋根を葺き替えることがあるならそんな時こそ屋根に使う材料を何にしたらいいのか真剣に考えて欲しいんです。

 

本当にその屋根材でいいんですか?

あなたが屋根の葺き替えを頼む工務店に屋根工事店に任せっきりにするんではなく、今住んでいる家は築何年なのか、耐震基準は満たされているのか、今から後何年今の家に住み続けるのか、今の屋根に使っている屋根材のどこに不満があるのか、その不満の原因は新しい屋根材で解消されるのか、新しい屋根材は何年もつのか、屋根材の色は何色にするのかなどなど、書き出したらきりがないんですが、お客さまと一緒に真剣に考えたいんでお客さまにもとにかく真剣に悩んで考えて欲しいんです。

 

例えば、築50年以上たっている瓦屋根の屋根から雨漏りがしているけど修理もできないほど屋根がボロボロで、後10年ほどしか住まないよ。

っていう家があったとします。

そんなお客さまから屋根の葺き替えをお願いされたら、ボクは迷わずに一番お金のかからないであろうスレート屋根材を提案します。

だって後10年しか住まないのに無理に瓦にする必要はないです。

10年しか住まないのならスレート屋根材で十分です。

 

ところが、築20年のスレート屋根材の屋根で屋根材の色が剥げてきたから屋根を葺き替えて欲しい、まだまだ30年以上はこの家に住むよ。

ってお客さまには耐震基準を満たしていれば迷わずに瓦を提案します。

30年以上住むのにもかかわらずもう一度スレート屋根材にしたら絶対に色が剥げてきて、屋根を塗装するか葺き替えるのかをもう一度考えないといけなくなりますから。

 

屋根の葺き替えは一生に一度でいいんです。本当なら経験をしなくてもいいんです。新築で家を建てる時に瓦を選んでいれば屋根の葺き替えは経験しなくてもいいかもしれないんです。

 

家を建てる時にも将来のことを見据えて

なぜ新築の時に屋根材をスレート屋根材や金属屋根材にしたのかを聞いてみると、だって瓦は高いでしょう? 瓦は重いでしょう?という答えが返ってきますけど、

スレート屋根材、金属屋根材は長くても20年以上経過すると再塗装しないといけないんで結果的に金額は瓦と変わらなくなりますよ。

瓦は重いっていうのもよく聞きますけど、瓦の重さにも耐えられない家の構造なんですか?そんな構造の家は屋根が瓦じゃなくても潰れますよ。

 

家を建てる時、屋根を葺き替える時は真剣に屋根材のことを考えてくださいね。屋根は部屋の壁紙を変えるように簡単に変えることはできないんでね。

f:id:banshuukawara:20160423155818j:plain

 

 

 

 

広告を非表示にする