読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兵庫県加古川市の播州瓦工業株式会社 岡 公司 Kawara王子のblog

あなたに伝えたい瓦ない想い。兵庫県加古川市の屋根工事店 播州瓦工業株式会社のKawara王子こと岡 公司です。瓦の価値を伝えるためにブログ、Facebbok、Twitter、Instagramで発信してます。

阪神タイガースファンが待ち望んだ光景がついに蘇った!

超変革 阪神タイガース

阪神タイガースファンなら誰もが待ち望んだ光景がついに蘇った!

 

5月18日阪神甲子園球場での対中日ドラゴンズ戦、3−2と阪神が1点リードでむかえた9回裏誰もがしびれる場面で、あの男が9回のマウンドに帰ってきた。4年前と同じ「リンドバーグ」の「every little thing every precious thing」おなじみの登場曲で、リリーフカーに乗って藤川球児が9回のマウンドに帰ってきた!

 

f:id:banshuukawara:20160521090309j:plain

大歓声に包まれる甲子園球場

 

以前ブログを書いていたアメーバにも数記事阪神タイガースの記事を書いたのですが、2016年にアメリカメジャーリーグから古巣阪神タイガースに帰ってきて、先発で藤川球児投手が勝利投手になった日に「自分を変えられる人が成功しています。」という記事を書きました。

 

ameblo.jp

 

その記事の中で、「藤川球児投手は当時のストレートで三振をとる投手から技術で打たせてとる投手へと変化を遂げていました。」と書きましたが、この日抑えの守護神として9回のマウンドに上がった藤川球児投手の投じた球13球全てがストレート!

それは紛れもなく4年前に阪神タイガースファンを魅了し、相手チーム、相手チームのファンを恐れさせた火の玉ストレートでした!

 

今シーズンから阪神タイガースに復帰し、先発投手へ転向、そこからもう一度抑え投手へ。先発投手と抑え投手のフィジカルとメンタルの違いは野球を知っている人ならとてつもない違いであることはご存知ですよね。

シーズン中1週間に約1試合投げる先発投手に比べ、試合展開によっては毎試合投げる準備をしなければいけない抑え(中継ぎ投手も)投手。いくら過去に抑え投手としてすごい実績を作ってきた藤川球児投手でもこの変化は並大抵の変化ではないと思います。

 

この日甲子園球場に詰めかけ藤川球児投手を大歓声で迎えた阪神タイガースファンはこの変化を感じとっているからこその大歓声なんです。

 

変化を恐れずに絶え間なく変化し続ける今年の阪神タイガース

まさに「超変革」!

 

 

 

広告を非表示にする